【生酵素とは】体内酵素を活性化して体質改善

消化酵素とは?代謝酵素とは?

人体で生成される酵素には大きく分けて消化酵素代謝酵素の2種類があり、生きていくためには欠かすことができません。

消化酵素は毎日の食べ物を消化するための酵素で、一例をあげると唾液に含まれているアミラーゼはデンプンをブドウ糖に分解し、胃液に含まれているプロテアーゼはタンパク質をアミノ酸に分解してくれます。

また、膵液に含まれているリパーゼは脂肪を脂肪酸に分解し、消化を促しながら分解した成分を栄養として体内に取り込むのをサポートします。

代謝酵素は新陳代謝を促し吸収された栄養素を体内の細胞に届けたり、体内の毒素を尿や汗の中に排泄する重要な役割を占めているほか、怪我や病気を治す自然治癒能力のサポートや免疫力を高めてくれます。

体内酵素の働き

人間が食べ物を摂取すると体内酵素の働きにより消化が促され、体内に吸収できるレベルまで分解が行なわれます。

吸収された栄養素はさらにその働きによって変化し、人間が生きていくためのエネルギーなどを作り出します。

人間の体内では毎日のように吸収、分解、燃焼、排泄が繰り返され、健やかな暮らしを送ることができていますが、もしも体内酵素の量が減少すればそれらのサイクルが崩れて病気にかかりやすい身体になってしまいます。

そのため、いつまでも元気に暮らすためには栄養のバランスの取れた食事と適度な運動、十分な睡眠を取るのはもちろんのこと、ストレスをできるだけ溜めないように過ごし、体内の環境を整えておくことが大切です。

生酵素とは?働きと効果

毎日の食事から必要となる酵素を摂取するには非現実的な量を食べなければならないだけではなく、昨今の研究では人間が一生のうち体内で作り出せる酵素の量に限界があることが分かっています。

従って、以前にも増して何らかの方法でしっかりと酵素を摂取することが大切です。

そんな中でも生酵素は、質の高い酵素が凝縮されているので少ない量でも1日必要な分を効率よく摂取することが可能なことから大きな注目を集めています。

良質な酵素が体内を巡ることで吸収、分解、燃焼、排泄のサイクルを整える効果があり、いつまでも元気な身体を手に入れることが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です